逆流性食道炎|柏原市で花粉症・アレルギー性鼻炎、補聴器等に対応する耳鼻咽喉科

0729703387

a

0729703387

a

逆流性食道炎

逆流性食道炎(咽喉頭逆流症,LPRD)とは

逆流性食道炎(咽喉頭逆流症,LPRD)とは

食道と胃のつなぎ目は、胃の内容物が食道内に逆流しないような仕組みになっています。
食べた物は強い酸である「胃酸」によって消化されますが、そのつなぎ目の働きが悪くなり、食道の下端の粘膜が溶かされて炎症を起こし、「逆流性食道炎」となります。

症状について

  • 胸やけ(例えば、みぞおちから胸の下あたりが焼けつくような感じで、思わず手のひらで胸をこすってしまう)
  • 熱いもの、酸っぱいまたは苦い液体が、のどや口の中まで上がってくる
  • 胸が「チリチリ」と痛む
  • 食道の異物感
  • その他、慢性的な咳、のどの痛み、声がれ、喘息など
  • 検査について

    内視鏡検査

    食道粘膜のただれや、炎症などが確認できます。

    食道シンチ

    特殊な薬を使い、写真に撮り胃液の逆流状態を確認できます。
    この検査は、朝から何も食べたり飲んだりしないで病院へ来ていただきます。まず最初にお薬とお水を飲みながら写真を撮影し、飲み終えたら仰向けや、腹ばいになりながら撮影を続けます。
    1回目の撮影が終わると食事をしていただきます。(特に何を食べても構いません)食事が終わるとすぐ2回目の撮影を行います。方法は1回目と同様です。全て終われば後日医師より写真を見て、説明があります。

    治療薬(PPI:プロトンポンプインヒビター)の内服

    診断的治療といい、内服することで症状が改善するかどうか確認します。

    3段階の治療法

    ①日常生活の改善

    なるべくストレスがたまらないよう、自分なりに解消法をみつけましょう。
    寝るときは背中の中央部から上を高くする、または身体の右側を下にするなど姿勢を工夫しましょう。
    前かがみの姿勢は避けてなるべく腰を伸ばしましょう。ベルト、ガードル、帯などお腹を強く締めつけないようにしましょう。
    重い物を持ち上げたり、強く力んだり、お腹に力を入れる動作は避けましょう。

    ②食生活の改善

    ■食べ方は?
    食事はゆっくりとよく噛んで食べ過ぎはやめましょう。1回の量を減らし、1日に5~6回に分けるなど。寝る2~3時間前には何も食べないようにしましょう。
    ■おすすめ食品
    ・牛乳、乳製品:胃酸の中和作用がありますので、適時摂取します。
    ・卵:半熟卵、茶椀蒸し、フワフワのオムレツなど
    ・豆腐:湯豆腐、白和え ※ただし油揚げはおすすめしません。
    ・白身魚:煮魚、蒸魚、お刺身
    ・その他消化の良いもの:鶏肉、うどん、お粥、お餅、繊維の少ない野菜、芋、大根、ニンジン、ナス、トマト、白菜、キャベツ、キュウリ
    ■控えたい食品
    ・脂肪を多く含んだ食べ物、食物繊維:長時間、胃に残りやすく消化が悪い
    ・玉ねぎ、ニンニク:胃から食道への逆流を活発にしてしまいます。
    ・その他:アルコール(特にビール、シャンパン)コーヒー、紅茶、酸っぱいもの、柑橘類、香辛料、刺激物、チョコレート、ケーキ、甘味菓子など。
    肥満、便秘は腹圧を上昇させるので解消しましょう。

    ➂ お薬

    診察の結果、必要時、胃酸分泌をおさえる薬が処方されます。症状がなくなっても薬を勝手にやめると再発することがあります。薬の中止や減量は医師の指示に従いましょう。
    今までに飲んでいた薬について医師に話しましょう。薬によっては逆流を起こすものがあります。
    薬に関しての質問は、気軽に医師に相談しましょう。

    ページトップへ

    柏原市のみなみ耳鼻咽喉科クリニック

    〒582-0018  大阪府柏原市大県1-9-10

    ご予約はこちら