花粉症|柏原市で花粉症・アレルギー性鼻炎、補聴器等に対応する耳鼻咽喉科

0729703387

a

0729703387

a

花粉症

花粉症とは、どんな病気?

花粉症とは、どんな病気?

植物の花粉によって引き起こされる、アレルギー性の病気です。今や日本人の10人に一人は花粉症であり、「現代の国民病」とも言える病気です。
アレルギー性の病気は、いわゆる「アレルギー体質」の人にしか起こりません。アレルギー体質のない人では、同じように花粉と接触しても花粉症にはなりません。花粉症になるかどうかは、いわば遺伝的に決まっているのです。
アレルギーの原因となる植物が開花して、花粉が飛散する時期に症状が現れます(季節性)。例えば、スギ花粉症の場合は、スギ花粉の飛散量が増える2~4月にかけて症状が現れ、その時期が過ぎれば症状は消えてしまいます。

4大症状

①くしゃみ

7~8回、さらには10数回続けざまに出るのが特徴です。

② 鼻水

水のように透明で、サラサラした鼻水が止めどなく流れ出てきます。

③ 鼻づまり

風邪による鼻づまりに比べ、症状がひどく両方の鼻が完全につまり、口で呼吸をするようになります。
口で呼吸をするようになると、よく眠れない、のどが乾く、のどが痛むなどの症状がでてきます。

④ 目のかゆみ

花粉が目に入ると、涙が出て強いかゆみを伴います。
「眼球結膜炎」と呼ばれる白目の部分や、まぶたが腫れぼったくなります。

⑤ その他

皮膚の症状は肌荒れ・かゆみ・皮膚の炎症。耳の症状はかゆみ。全身症状は頭が重い、ボーッとする、だるい、眠れないなど。

花粉症の出方は毎年違います

花粉症の出方は毎年違います

猛暑の翌年は、スギ花粉の飛散量が多いと言われています。これは花粉を作る雄花の花芽の成長が、前年の夏の気象と密接に関わっているからです。特に、前年の7月上旬~8月上旬の気温が高いと、スギ花粉の生産量が増えて、花粉の飛散量も増大します。
気象は、花粉の飛散が始まる時期にも影響を与えます。暖冬の年にはスギ花粉は早めに飛び始めますから、いつもより早めに対策を講じる必要があります。
< 目安 >
一日の平均気温が7度を超え、最高気温が10度以上になると花粉が飛び始めると考えてください。

花粉症の診断と検査

① 問診

症状とその現れ方で、花粉症との関係を推察します。
さまざまな情報が診断に役立ちますので、詳しく質問に答えてください。

② 診察

鼻の粘膜の状態と、鼻の中の様子を診察します。

③ 鼻汁検査

診察時に綿棒で鼻水を取り、スライドガラスに塗り、染色をして顕微鏡で好酸球(白血球の一種でアレルギー反応が起こると増加するもの)を調べます。

④ レントゲン検査

鼻にアレルギー以外にも鼻炎の原因となる病気がないかを調べます。
蓄膿症の発見、鼻中隔わん曲症の発見にも有効です。
アレルギー性鼻炎と蓄膿症が合併していることも少なくありません。
スギ花粉では、蓄膿の合併率は10%、ダニやハウスダストでは20~30%と考えられています。

⑤ 血液検査

採血を行い、代表的なアレルギーの原因となるものを調べます。

治療について(花粉症治療の薬について)

花粉症が完治できなくても症状さえコントロールできれば、日常生活への支障も最小限に抑えることができます。
薬は花粉症の症状をコントロールし、花粉症シーズンを快適に乗り切るため、欠かせない治療法なのです。

① 抗アレルギー剤

内服薬、点鼻薬、点眼薬があります。すぐに効果はありませんが、効果が出るまで1~2週間使い続ける必要があります。
主として、予防用に用いられるもので、花粉症の飛散開始前から服用を始め、シーズン中ずっと飲み続けます。

② 抗ヒスタミン薬

アレルギー反応を起こす化学物質です。ヒスタミンの作用を妨げ、くしゃみ・鼻水を抑える効果があります。内服して1~2日で効果があります。

③ 血管収縮薬

鼻粘膜の血管を収縮させて、血管循環を減らします。その結果、粘膜の腫れが治り鼻づまりが改善されます。

④ 抗コリン薬

アセチルコリンという鼻水の分泌に必要な化学物質を抑制し、その作用を遮断する働きがあります。短時間で効果があります。

⑤ ステロイド薬

内服薬、点鼻薬、点眼薬があります。

⑥舌下免疫療法

舌の下にスギ花粉のエキスを垂らし、2分間保持した後、飲み込みます。
これを徐々に量を増やしつつ毎日続けることで、身体をスギ花粉に慣らし、アレルギー反応の起こらない体質へ改善していきます。
以上の薬を症状や職業、ライフスタイル、ご希望に応じて処方いたします。

[気を付けてほしいこと ]

  • 持病の有無、市販薬を含め現在内服中の薬については必ず医師に話してください。薬の飲み合わせには十分注意が必要です。
  • 点鼻薬をする前には、必ず鼻をよくかんでから使用してください。使用回数は、医師の指示を守ってご使用ください。
  • 日常生活について

    花粉症情報を忘れずにチェック

    テレビ、ラジオ、新聞による情報を得るようにする。

    症状が出る前の受診

    治療の中心になるのは、抗アレルギー薬による予防的治療です。
    症状が現れる前から服用することで、花粉症の症状を出しにくくします。

    花粉症を避けるセルフケアーで症状を予防

  • 花粉症の飛散量が多そうな日はなるべく外出を控えましょう。
  • 外出する場合は、マスクや眼鏡を着用し、花粉をシャットアウトしましょう。
  • コンタクトレンズを使用している方は、この時期はなるべく「眼鏡」にしましょう。
  • 花粉が首に入り込まないように、襟のつまった衣服を着る、スカーフを使用しましょう。
  • ツバの広い帽子をかぶり、頭髪に花粉が付くのを防ぎましょう。
  • 外から帰ったときは、玄関の前で花粉をよく払ってから家の中に入りましょう。
  • 洋服ブラシを使用するといいです。
  • 帰宅後は洗顔、うがいをしましょう。できれば鼻も洗うといいです。体温程度のお湯を鼻から吸い込み、鼻から出します。
  • 洗濯物を取り込む際には、よく払って花粉を落としてから、家の中に入れてください。
  • 布団を干したときは、外で十分たたいてから取り込み、さらに掃除機で花粉を吸い取ります。なるべく、布団乾燥機を使用し、この時期は外に干すのを控えた方がいいです。
  • 室内を舞う花粉を減らすには、空気清浄機が効果的です。
  • こまめに掃除機をかけ、床は雑巾がけが一番いい方法です。(水拭き)
  • ページトップへ

    柏原市のみなみ耳鼻咽喉科クリニック

    〒582-0018  大阪府柏原市大県1-9-10

    ご予約はこちら