アレルギー性鼻炎|柏原市で花粉症・アレルギー性鼻炎、補聴器等に対応する耳鼻咽喉科

0729703387

a

0729703387

a

アレルギー性鼻炎

アルゴンプラズマ治療

アルゴンプラズマ治療

当院ではアレルギー性鼻炎に対する手術治療として、アルゴンプラズマ治療を行っています。
アレルギー性鼻炎は花粉やハウスダスト、ダニなどの原因物質(アレルゲン)が鼻の粘膜に接しアレルギー反応を引き起こすことで生じます。アルゴンプラズマにより鼻粘膜を焼灼し新しい粘膜を再生させ鼻粘膜におけるアレルギー反応を軽減させる事が出来ます。手術時間は 5~10分ですが手術前に20分から30分かけて粘膜麻酔を行います。

術後には、感染予防の抗生剤、出血予防の止血剤、消炎鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、鼻閉改善用の点鼻薬など投薬を行いますが、できるだけ通院治療を行って頂きます。
また、鼻の構造上 1回で完全に焼灼できない場合は 2、3回に分けて行います。

手術を行っても改善しない場合や、再発する場合は再治療が必要になります。再治療は、アルゴンプラズマを行うか、トリクロル酢酸を塗布するかの 2つの方法があります。

治療について

  • プラズマを使用しますのでペースメーカーなど埋め込みされておられる方には使用できません。
  • 手術は局所麻酔にて行いますが、滑走電流により歯痛が出ることがあります。
  • 術後出血はほとんどありませんが、手術日の入浴、飲酒は控えて頂きます。
  • 術後新しい鼻粘膜再生まで 2~3週間かかります。この間、かさぶたや糊状の分泌物が充満し鼻が詰まります。
  • 手術費用は保険適用です。
  • トリクロル酢酸塗布治療

    トリクロル酢酸という酸により鼻粘膜を変性させ新しい粘膜を再生させる方法です。
    レーザーやアルゴンプラズマのような機械を使わず、綿棒の先につけたトリクロル酢酸を鼻粘膜に塗布するだけの簡便な方法であり、簡単な局所麻酔で治療は可能です。
    当院ではアルゴンの補助的な治療というスタンスで行います。

    アルゴンプラズマ治療とレーザー治療との違いについて

    アレルギー症状が出ていても治療が可能

    アレルギー性鼻炎の治療によく使われている炭酸ガスレーザーは、鼻水が出ている状態ではうまく焼くことができません。
    これに対しアルゴンプラズマ治療はアルゴンガスで鼻水を吹き飛ばしながら処置できるためアレルギー症状が出ているときでも可能です。

    短時間で均一な処置が可能

    レーザー治療は、レーザー光線の当たる点で焼くため広い面積を焼灼するのに時間がかかります。下鼻甲介全体を焼灼するのに10~30分くらいかかります。
    これに対してアルゴンプラズマ療法は面で焼灼するため 5~10分位で終了します。また、レーザーは点で焼灼するため格子状に行うのですがどうしてもムラができますが、アルゴンプラズマは面で焼灼するため均一に処理できます。
    つまり理論的には再発が少なくなると思われます。

    治療回数を抑える事が可能

    レーザー治療は原法は数回の照射が必要となっていますが、アルゴンプラズマは原則1回とされています。
    ただ、鼻中隔湾曲が強い場合は 2~3回行うかトリクロル酢酸塗布を追加するか、鼻中隔矯正手術を行ってから行うかになると思われます。

    ページトップへ

    柏原市のみなみ耳鼻咽喉科クリニック

    〒582-0018  大阪府柏原市大県1-9-10

    ご予約はこちら